四月は君の嘘(シガツハキミノウソ)

掲載年:2011年

著者: 新川直司

掲載誌: 月刊少年マガジン / 講談社

アニメ版のページ

完結済み 全11巻

内容解説

かつて国内外の数々のピアノコンクールで優勝し「神童」と呼ばれた有馬公生は、指導者であった母の死をきっかけにピアノを弾けなくなってしまう。3年後、14歳になった公生は幼なじみの椿を通じ、同い年のヴァイオリニスト・宮園かをりと知り合う。ヴァイオリンコンクールでのかをりの個性的な演奏を聞き、母の死以来、モノトーンに見えていた公生の世界がカラフルに色付き始める。
(wikipedia、公式サイト等参照)

キーワード(四月は君の嘘は多分だいたいこんな感じ)