逃げるは恥だが役に立つ(ニゲルハハジダガヤクニタツ)

掲載年:2012年

著者: 海野つなみ

掲載誌: Kiss / 講談社

完結済み 全9巻

内容解説

大学院を出ながらも就職難で派遣社員になった森山みくりは、いわゆる派遣切りに遭い、無職の身となってしまう。求職中の娘を見かねた父は、家事代行サービスを利用していた元部下・津崎平匡が折りよく代行の会社を替えようとしていたところを頼み込んで、週1回の仕事を取り付けてくる。 気難しい性格で、あまり他人に構われることを好まない津崎だったが、みくりとは適度な距離感を保って良好な関係を築く。だが、定年を機に田舎へ引っ越すという願望を両親が叶えることになり、現状を維持したいみくりは津崎に「就職としての結婚」を持ちかけ、その提案にメリットを感じた津崎は了承し、2人は契約結婚という道を選ぶ。
(wikipedia、公式サイト等参照)

キーワード(逃げるは恥だが役に立つは多分だいたいこんな感じ)