とある科学の超電磁砲(トアルカガクノレールガン)

掲載年:2007年

著者:鎌池和馬冬川基 /月刊コミック電撃大王 / アスキー・メディアワークス

アニメ版のページ

既刊11巻

内容解説

東京都の西側3分の1の規模、総人口230万人の内8割を学生が占める「学園都市」。そこでは学生全員を対象にした超能力開発実験が行われており、全ての学生は「無能力者(レベル0)」から「超能力者(レベル5)」の6段階に分けられ、様々な能力を開花させている。学園都市でも7人しかいないレベル5の一人であり、電撃を操るその能力から「超電磁砲(レールガン)」の通称を持つ御坂美琴は、学園都市で起こる様々な事件を解決していく。
(wikipedia、公式サイト等参照)

キーワード(とある科学の超電磁砲は多分だいたいこんな感じ)