デストロ246(デストロニーヨンロク)

掲載年:2012年

著者: 高橋慶太郎

掲載誌: 月刊サンデーGX / 小学館

完結済み 全7巻

内容解説

実業家の透野隆一は、家族を毒殺され復讐のために生きるようになり、南米の麻薬組織から少女の殺し屋を2人購入した。透野は2人に「翠」「藍」と名付け、日本に連れ帰る。来日した翠と藍は隆一の意を受けて、暴力団を次々と襲い嬲り殺しにしていく。その過程で2人は、政府機関の殺し屋である少女「伊万里」と出会い、同じ殺し屋として強く惹かれる。また、女子高生の暴力団組長「苺」、その同級生兼護衛である「蓮華」「南天」とも遭遇し、反発しあい、アサシンキラー(殺し屋殺し)として抗争に身をやつしてゆく。
(wikipedia、公式サイト等参照)

試し読みリンク

公式サイト

キーワード(デストロ246は多分だいたいこんな感じ)