当て屋の椿(アテヤノツバキ)

掲載年:2012年

著者: 川下寛次

掲載誌: ヤングアニマル / 白泉社

既刊14巻

内容解説

時は江戸時代。春画の仕事がきっかけで猟奇殺人に巻き込まれた浮世絵師・鳳仙は、殺された女からなくなっていたものを探すため「当て屋」を訪ねる。探し物・失くし物を探し当てるという当て屋の主は一風変わった女・椿だった。
(wikipedia、公式サイト等参照)

試し読みリンク

公式サイト

キーワード(当て屋の椿は多分だいたいこんな感じ)