拝み屋横丁顛末記(オガミヤヨコチョウテンマツキ)

掲載年:2002年

著者: 宮本福助

掲載誌: コミックZERO-SUM / 一迅社

完結済み 全27巻

内容解説

ごく平凡な、とある商店街。その一角に、周辺住民が「あそこには近付くな」と恐れてやまない横丁がある。クラシックな横丁に住むのは、陰陽師、エクソシスト、神父、拝み屋などの怪しげな人々。人呼んで「拝み屋横丁」での一風変わった日常を追うコメディ漫画。題材をホラーから取り込みつつも、そういった要素を全く感じさせないのが特長で、幽霊などを非常に人間的に描くことで人情噺や落語のようなコメディに仕立てている。
(wikipedia、公式サイト等参照)

キーワード(拝み屋横丁顛末記は多分だいたいこんな感じ)