バクマン。(バクマン)

掲載年:2008年

著者: 大場つぐみ小畑健

掲載誌: 週刊少年ジャンプ / 集英社

アニメ版のページ

完結済み 全20巻

内容解説

中学3年生の真城最高(サイコー)は、高い画力がありながらも将来に夢を持たず、ただ流されて普通に生きていくだけの退屈な日々を送っていた。サイコーの叔父は、かつて週刊少年ジャンプに連載し、その作品がアニメ化もされた漫画家・川口たろうで、連載打ち切り後の過労により亡くなった過去があった。 ある日サイコーは、些細な出来事をきっかけに、秀才のクラスメイトで作家志望の高木秋人(シュージン)に、「俺と組んで漫画家にならないか」と誘われる。
(wikipedia、公式サイト等参照)

試し読みリンク

公式サイト

キーワード(バクマン。は多分だいたいこんな感じ)