ソラニン(ソラニン)

掲載年:2005年

著者: 浅野いにお

掲載誌: 週刊ヤングサンデー / 小学館

完結済み 全2巻

内容解説

社会人2年目の井上芽衣子は、将来に希望を感じられずにいた。社会や大人に対し不平不満がありつつ、しかしどうすればいいのかわからないまま、ついに勢いで会社を辞めてしまう。 芽衣子の同棲相手であり恋人の種田成男は、大学時代のバンド仲間である加藤、ビリーと定期的に会い、デザイン事務所のアルバイトの合間を縫ってバンド活動を細々と続けていた。喧嘩し、互いに励まし合いながら、先の見えない生活を続けていく芽衣子と種田。やがて、自身の音楽の才能は平凡と言い張り、逃げの姿勢である種田に対し芽衣子は苛立ちを隠せなくなり「バンドをやってほしい」と自分の思いをぶつける。
(wikipedia、公式サイト等参照)

試し読みリンク

公式サイト

キーワード(ソラニンは多分だいたいこんな感じ)